--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥塩原新湯温泉旅行記(湯荘白樺)

2009年11月27日 00:15

夫婦で奥塩原新湯温泉へ行ってきました

お宿は 湯荘白樺
yusoushirakaba.jpg

宿泊費+新宿から往復JR高速バス代金で何と
1人¥10,900~(朝・夕付)と格安なのです

新宿から高速バスで約3時間位

乗客6人(笑)

塩原温泉バスターミナルへ

そこから到着時間に合わせて、白樺の送迎バスが迎えに来てくれます

新湯温泉に着くなり硫黄泉の香がプンプン

宿のすぐ横には噴火口があり、まさに湯治場といった感じです
hunkakou.jpg


着いたらすぐにチェックインできます

お部屋(10畳)
shirakabaheya.jpg

旅館では珍しい大きめの冷蔵庫(空)があります

湯治客は何ヶ月も泊まるからでしょうね

ちなみにトイレは部屋にありません

3階の共同トイレは男女別(2階は一緒)

女性用は和トイレが2箇所・洋トイレが1箇所

最初は不安だったけど、まったく問題なし

共同洗面所は2階・3階にあります

みんなで使えるシェービングフォーム・ハンドソープ・ドライヤー(1個)・化粧水など
shirakabasennmenn.jpg

湯治客はMYパジャマで、家の洗面所のように使ってます(笑)


到着後、奥塩原高原ホテルの貸切温泉へ行きました

2人で¥2,500(40分)とリーズナブル

貸切は3箇所あり、私達は「やまゆり」へ

貸切風呂までも良い雰囲気
okushiobarayamayuri.jpg

シャワールームとシャンプー&リンス・ボディーソープもあります
(ドライヤーは無いみたい)
okushiobarayamayuri2.jpg

その奥の扉を開けると
okushiobarakougen3.jpg

うわぁ~ステキ

浴槽は3人位は入れそうな広さ

もちろん源泉かけ流し硫黄泉

目の前の森林を眺めながら、
乳白色の硫黄泉の香に包まれ癒される~
oskushiobara4.jpg


体が軽くなった後はお宿に戻り、
休憩したら早速お楽しみの温泉へ
shirakabauchiyu1.jpg

おぉぉ

秘湯の雰囲気バツグン

浴槽は4人位入れる広さ

す・・すごい濃厚な硫黄泉~

こりゃ体に良いのが分かります

お肌もつるつる

ここの温泉は胃腸病・高血圧・皮膚病・婦人病などに効果があるそうです

浴場には「源泉の底から汲み上げた成分の濃い湯泥」が入った怪しげなバケツが置いてあります

体の悪い場所に塗りつけ、3分以上パックしておくと、効果があるそうです

私は鼻につけてみた

すると、鼻の毛穴が綺麗になってる~(感動)

アメニティはシャンプーInリンスとボディーソープがあります
その他は無いので持参しましょう

(ちなみに洗面台やドライヤーなどはありません)

露天風呂は混浴ですが
18:00~21:00は女性専用時間です
shirakabaroten.jpg

旦那は露天が気に入った様子


夕食&朝食はお部屋です

部屋食でこんな風に食べるの初めてだ~(笑)
shirakabayuusyoku.jpg

食事内容は野菜中心で精進料理に近いかな(笑)

でも素材が良いので、大根の煮物など美味しかった

宿泊代金を考えると仕方ないですな

夜、共同洗面所で旦那と歯磨きしてると
合宿してるみたいで笑っちゃいました

3:30頃、目が覚めたので浴場に行きました。

こんな時間に誰もいないだろうと思ってたのに
すでにおばあちゃんが入浴中!
早起き過ぎだろっっ


朝食も体に良さそう(笑)
shirakabacyousyoku.jpg

朝食を食べた後は共同浴場の「むじなの湯」へ

白樺の目の前の階段をひたすらおりていきます
mujinanoyu.jpg

入浴料¥300(宿泊客は無料)
清掃日:月曜日・木曜日(午前9時頃~午後4時頃まで)
mujinanoyu2.jpg

おぉ

また秘湯の良い雰囲気~(横の小屋みたいなのは何だ?)
mujinanoyu3.jpg

白樺の泉質とは違う酸性のピリピリ感があります
ニオイも独特

熱い時は水を入れる事もできるけど、
なるべくそのままが良いです

この温泉もまた体の効く~っ


入浴後は旅館でコーヒータイム~

温泉神社の参道水で入れた美味しいコーヒー

朝8:00~10:00までは無料です
shirakabako-hi-.jpg
shirakabako-hi-2.jpg


玄関先にはお宿のサービスで、源泉を100%そのまま詰めた
ペットボトルが置いてあります
shirakabapttoboti.jpg


温泉の質は言うまでもありませんが、
従業員の方々がとっても親切で、
コストパフォーマンスが高いお宿でした

ちなみに、潔癖おまめが持っていって便利だったもの

☆ウエットテッシュ(洗面所に行かなくても手が洗える)
☆マイコップ(洗面所のコップは共有なので気が引ける)
☆フェイスタオルいっぱい(お宿で用意しているタオルはフェイスタオル1枚のみ)
☆ドライヤー(洗面所のドライヤーは、早朝&深夜は使えないため)


チェックアウト後、送迎バスで塩原温泉バスターミナルへ

白樺さんで教えてもらった
「塩原もの語り館(観光協会)」へ行きました

バスターミナルから右へ進んですぐなので便利です。

直売所や足湯などもあります
shiobarayasaui.jpg

紅の吊橋からの眺めは最高
bebuturibashi5.jpg
beninohashi3.jpg

水が綺麗~

ここにも温泉施設があるんですが、混浴なので断念


湯っ歩の里へは徒歩10分位
yuponosato.jpg

入場料¥200

その名の通り、足湯だけです

足湯にいろいろな石が敷きつめてあり、その上を歩きます
yuponosatp2.jpg

他の人はあまり歩かず、座って普通に足湯をして過ごしていました

しかし私達健康大好き夫婦は、汗をかきながら
真剣に石の上を何周も歩きました

足裏が刺激されて気持ち良かった

入場料も安いし、時間があれば行ってみると良いと思います


昼食は、最近TVや雑誌で取り上げられる
スープ焼きそばを食べに「こばや食堂」へ
kobaya.jpg

土日は行列ができる人気店☆

塩原バスターミナルから左に徒歩2~3分位

その名の通り焼きソバがラーメンのスープに入ってるんです

ソースなのか醤油なのか??どんな味なのか想像できません。

このスープ焼きソバ、意外にも50年位歴史があるんです

地元の人には、いたってポピュラーな食べ物らすい

スープ入り焼きそば 600円
kobaya2.jpg

おぉ

香りはソースが勝ってる!

味は焼きソバだけどラーメンだ!

何とも言えない味

だけど何だかクセになる味

胡椒(ブラックペッパー)を入れると、また美味しい

ぜひ塩原温泉に行ったらお試しを~

不定休(木曜日が多いらしい)なので、電話して確認してみてくだされ)


帰り際に塩原もの語り館(観光協会)」ゆず入り足湯で
余韻を楽しみました
ashiyushiobara.jpg

帰りの高速バスも数人なので
2席を1人で使って新宿までグッスリ~

そんなこんなでお腹も景色も温泉も、
満足満足な塩原温泉旅行でした



スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。