--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鬼怒川&川治温泉(鬼怒川観光ホテル)旅行記♪

2011年09月16日 19:06

久々に鬼怒川温泉へ行ってきました

鬼怒川といえば、浅草からスペーシアで1本

最初の旅の楽しみといえば『駅弁』

スペーシアの車内で買おうと思って、お弁当を買わなかった

しかしぃぃ

スペーシアの車内販売は、こんな弁当位だった
e6r76r97ughg86798.jpg

こんなので500円出すなら、コンビニ弁当の方がマシだったぁぁ

浅草から約2時間『鬼怒川温泉駅』に到着~
535657869pou.jpg

駅から今度は川治湯西川方面のバスに乗り換え
(※バスは1時間に1本位しか出てないから、下調べ必須!!)

龍王峡入口到着

龍王峡(今から2200万年もの昔、海底火山の活動によって噴出した火山岩が、鬼怒川の流れによって侵食され、現在のような景観になったといわれる「龍王峡」。その名の通りまるで龍がのたうつ姿を思わせるような迫力のある大景観は、山間のいで湯、川治温泉と鬼怒川温泉の間、約3キロに渡ります。)

バス停で降りたは良いが、どこが龍王峡なのか分からず、うろたえる私達(笑)

お土産屋さんが並ぶ方に行くと、入口がありました

新緑がとても気持ちが良い~
24365476578698.jpg

坂や階段をけっこう下っていきます

最初見えてきたのが、虹見の滝(野沢からの清流が、晴れた日には陽光に輝き美しい虹を架け、虹見の滝となって鬼怒川に流れ落ちて行きます。)
4356478698709.jpg

滝の近くに行くと、自然のクーラーです

マイナスイオンたっぷり

そしてそして、有名な虹見橋
迫力のある大景観に圧倒されました
46r5t89ty8ohi.jpg

私が一番気に入ったのは、虹見の滝と虹見橋の間にある、この滝です(名前が分からないw)
43667587689987890.jpg

57868979088-0-.jpg

すごい癒されスポットで、しばらく眺めてました

帰りはこんなでしたが・・
457856986908709.jpg

龍王峡から川治温泉方面へバスでスイ~と移動(ハイキングで移動する勇気が無かったw)
35476587687098.jpg

柏屋ホテル前到着

川治温泉薬師の湯へ
354658585785876.jpg

こちらはリニューアルしたばかりで、とても綺麗な日帰り温泉施設
入浴料500円と良心的

源泉かけ流しで泉質も◎

以前はこちらの混浴の露天風呂でした
576987897097908.jpg

歩道や橋を歩いてる人や、正面のホテルから丸見えですw

全然気にしない旦那さんは堂々と入浴してましたが

私は男女別の施設の方を利用

露天風呂とサウナのみでした
露天風呂は丸見えにならないように、上手く仕切りを使ってます
仕切りがあるとはいえ、眼下を流れる男鹿川や渓谷なども眺める事ができるので開放感があります

洗い場は3箇所・リンスINシャンプーとボディソープ・ドライヤー1個・タオル等無し

薬師の湯を後にして橋を渡ってる時、“丸見え露天”に入浴してるオジサンが入ってて目のやり場に困ったw

さて、鬼怒川温泉に戻ろうと思って時刻表を見ると、まだ30分位時間があった

旦那が「ココ手打ち蕎麦だって~。入ろうか」と言うので入ってみたお店『朝日屋』
09890676546476.jpg

4545676878970-0.jpg

手打ち蕎麦
110913_1416~010001

めちゃくちゃ美味しい~~
やっぱ手打ちは違うね~
水も!

バスが来る時間が迫っていたので、ものすごいスピードでズルズル食す2人w
5分位でお会計
お店の人はフードファイター夫婦だと思ったかなw

(ちょっと早めに来たw)柏屋ホテル前発⇒鬼怒川温泉駅へ

鬼怒川温泉駅から、東武ダイヤルバス(各旅館を回るバス)で今宵の宿へ


~今宵の宿 鬼怒川観光ホテル~
86ritoiyiouoiup.jpg

じゃらんの『カップルステイプラン・川側和洋室指定』で申し込みしたので、特典がたくさんついてました

まず、この『宇都宮カクテルのセット』をいただけます
45657689709.jpg

お部屋は『上階リバービュー和洋室』
45465786897897988.jpg

4678689789798789.jpg

お部屋のテラスからの眺めは最高
098775785876789.jpg

川の音がBGMです

女性の浴衣は可愛いピンク
687098-098-09-^0

エレベーターの前に浴衣がサイズ別に並んでた!これは助かる!

そしてそして、『貸切風呂利用時50%OFF』3,150円⇒\1,575円(使用時間50分制)

私は『鬼怒の湯(半露天付)』を予約しておきました

想像以上にステキな浴場でした

個室タイプになっています
687689709709809.jpg

7879870908-08-0.jpg

半露天風呂が特に最高
7970987578587689.jpg

新緑に囲まれて、眼下は鬼怒川
しっとりとした雰囲気で情緒があります

手前にホテルがありますが、暖簾がかかってるし、木々で視界は気にならないです
(何が何でも裸は見られたくない!と、神経質な人は気になるかも。)

内湯1(シャンプー・リンス・ボディソープ)・半露天1・専用パウダーコーナー(化粧水等・ドライヤー)
専用冷蔵庫(ミネラルウォーター2本入り)

入浴でお腹を空かせたら、お夕食(和洋中バイキング)
110913_1812~010001

職人が握ったお寿司や焼き立てステーキ、揚げたて天ぷら等々、種類豊富で美味しかったぁ~

デザートのケーキやアイスクリームも美味しい~
110913_1855~010001

コーヒーは混む事が多いので、コーヒーメーカーが2つあったのはポイント高い

満腹になり過ぎて、相撲取りの歩き方になったw

食後は、この腹をどうにかしようと温泉へ

大浴場と半露天風呂が離れてたのが面倒だった
夜の半露天風呂は、何故かムーディな暗さ
(後で気が付いたけど、手前のホテルから見えちゃうからなのね)

4つ湯船が並んでるんだが、コラーゲン湯やハーブ湯、ラジウム湯などなど。

えっと・・天然温泉はどの湯船かね??
私は天然温泉に入りたいのに、泉質で判断する能力は無いので分からないゾ
とりあえず、大浴場の前に温泉の成分表はあったな
でも、ムーディな暗さの中でハーブの香りと鬼怒川の音をBGMに入浴
とってもリラックスできました

サウナは大好きな高温サウナ
食べ過ぎたせいか、ありえないほど汗が出た
サウナで喉がカラカラに渇いたので、更衣室で水飲み場を探すが無い
これは焦った
浴室前のロビーには水があるけど、まだ入浴したいのに着替えて行くのも面倒だ
苦肉の策として、シャワーの水を飲んだ・・
私と同じように、水飲み場を探してる人がチラホラいたし、ぜひ浴室内に水飲み場は設置して欲しいものじゃ~

半露天に関しては、この写真は修正した方が良いと思うんだが・・
y689908yhlkhl.jpg

下の方も景色が見えるようになってるけど、実際は一切見えないようになってしまってる
きっと以前は見えるようになってたんだろうけど、前のホテルから見えるとか苦情でもきたのでしょうな
暖簾があれば見えないのに。
そんなに見られたくないなら、内湯だけ入れば良いのに。
結局、川の音はするけど何も見えない
手前のホテルだけが見える半露天風呂になってしまってるのだ
鬼怒川温泉は川沿いにホテルが建ってるから、川沿い露天風呂は難しいんだろうなぁ

もしも、女性で少しでも開放的な露天風呂に入りたいなら、貸切風呂(鬼怒の湯・半露天付)に入浴すると満足だと思う
私は大満足だったから

男湯はこの写真通り、開放感があって良かったみたい
65876097-080.jpg

露天風呂は広めで、眼下に鬼怒川が見える
正面にホテルはあるけど、木々で隠れて気にならないそうな

ここのホテルの良い点がもう一つ

ホテル内にコンビニがあるのです
アルコール類も定価だし、営業時間も22時までなのでとっても助かる~

夜も鬼怒川の音をBGMに眠りについた

朝食もバイキング
110914_0715~010001

朝食は和食と洋食中心
大好きな山菜たっぷりで美味しかった~

ベーコン大好きっ子な旦那は、ずっとベーコンばかり食べてた
せっかくなんだから、山菜とか食べりゃいいのに、どんな時でもベーコン

総合的にコストパフォーマンスが高い、大満足なホテルでした

チェックアウト後、ホテルからダイヤルバスで鬼怒川温泉駅へ

少し時間があったので、2年前にできた『鬼怒楯岩大吊橋』へ行ってみました
7689798789080-0.jpg

駅から徒歩10分位です

見た目は橋だったから普通に歩き始めたら揺れたからビックリした
吊り橋だから揺れるのは当たり前だがw
この標高の高さで眼下は鬼怒川、そして揺れる橋
怖かったぁぁぁ
110914_0928~010001

でも眺めは最高でした
78587tihiub.jpg

最後まで大満足な鬼怒川温泉を後にして、
スペーシアで爆睡しながら帰宅

鬼怒川・川治はマイナスイオンたっぷりで、癒され旅行でした


スポンサーサイト

日光&鬼怒川温泉旅行記

2009年01月31日 18:00

家族で「日光&鬼怒川温泉」旅行へ行きました

日光1号
ichigou.jpg

車内販売のお弁当は種類が少ないので、駅構内の駅弁屋で買った方が良いかも

新宿から約2時間で東武日光駅着
kireiii.jpg

やっぱ日光は寒い
中国語がとびかってた
旧正月だから中国人観光客が多いのかな?

早速世界遺産めぐりバスチケットを購入して二社一寺へ(一日乗り放題で500円)

輪王寺では「厄払い」の神様がいたので、前厄の私は厄払いをお願いしてきました。
(明治神宮では1万円~厄払い料金がかかるから、あれこれ理由をつけて
やらなかったがやっぱ気になってた
バッチシお願いしたからこれで大丈夫だ!

東照宮へ向かう途中、姉が腹痛で具合悪くなってしまった
ついさっきまでハイテンションでスキップしてたのに

薬を飲みたいが水が無い

ここで母がナイスアイデアを

東照宮に手水舎(ちょうずや)があるわっ

東照宮の手水舎で薬を飲んだのは姉が初めてではないだろうか

mi.jpg

お清めの水効果か薬がすぐに効いて治った(本当に2~3分位で

では観光の続きを

奥社へ続く階段
okusyakaidannn.jpg

母は2段飛ばしでガンガン登って行く(64歳)

姉は足をガクガクブルブルさせながら「家政婦は見た」の市原悦子みたいに登っていた。

奥社には徳川家康さんのお墓と「叶い杉」があります

ieyasu.jpg

「叶い杉」はその名の通りお願い事を叶えてくれる杉

願い事はいっぱいあるので、とっさに出てこない私の願い事は
いつも「幸あれ」となってしまう。

二荒山神社の若返りの水知恵の水をいっぱい飲んできました

wakai.jpg

酒の泉って何だろう
この水はペットボトルでも売ってた(300円って・・高っ

いっぱい歩いてお腹が空いたので駅前の「らんぶる」にてゆば丼を食べました
yuba.jpg

味が少し濃かったけど、ゆばがクリーミーで美味しかった

駅前のお土産屋さんで買物をしていると店内からスタスタと猫ちゃんが出てきた
nekohaxtukenn.jpg
人懐っこくてモフモフしててとっっても可愛い
そしてデカイ!!
nekoo.jpg

店の奥にはワンコもいた
kawaii.jpg

このワンコはこの猫が大好きで、近づけるとペロペロしまくる
猫はちょっと迷惑そうだけどいつも我慢してるらしい(笑)

猫好き&犬好きにはオススメのお店です(駅出て右のお土産屋さん通り)

素敵な出会いをした日光を後にし、鬼怒川温泉駅へ

おいおい・・中国かよっ・・て感じの駅ホーム
kinugawaa.jpg

温泉地は中国人観光客のおかげで成り立っている所も多いから
大歓迎なんだろうな

駅前に足湯がありました
ashiyuuu.jpg

熱くて長い事入れていられなかったけど、足が軽くなった

ダイヤルバス(各ホテル・旅館を周るバス/180円ナリ)で「あさやホテル」へ
鬼怒川温泉では各ホテルの送迎バスを運行してはいけない決まりがあるらしい・・(何故??)

他のホテルは玄関までお出迎えが無かったのに、
「あさやホテル」は玄関先にポーターが出迎えてくれて、重たい荷物を持ってくれた
asa.jpg

ロビーはギラギラしていて母は興奮&感激していた
年配者はギラギラしたホテルが好きだと聞いていたが本当だ。
エレベーターは3台あり、待つ事がほとんど無い

お部屋はとても綺麗
眺めは鬼怒川が見えて良かったが、ホテル跡らしき廃墟も見えて切なくなった

テレビでかっ(ゲーム機もあった)
terebi.jpg

さっそく温泉へ

閑散期だったので、温泉は貸切状態だった

この船形露天風呂はとっても開放感があり、景色も素晴らしい
とっても気持ち良く体もポカポカになった
Y338142204.jpg
洗面台の化粧水等は充実していた
ヘア美容液が置いてあるホテルは初めてだった

そして母が一番楽しみにしていた夕食のバイキング
asayayuumeshi.jpg
gohan.jpg
saikou.jpg

他にも鮎の塩焼きや蕎麦、うどん、ステーキなどなど
種類が豊富で満足満足
あんなに楽しみにしていた母は、ホテルでいっぱい食べるために数日前から
食事の量を減らしていたらしい
そのため胃が小さくなってしまい、すぐにお腹がいっぱいになってしまい悔しがっていた

デザートも豊富
deizai.jpg

アイスクリームも
aisu.jpg

お腹が満足した後は「中国雑技団」を観た
zatusgi.jpg

ほとんど子供だったのでビックリした
ドキドキハラハラの凄い演技を間近で観れてとても良かった

観た後はまた温泉へ

私と姉は露天へ行ったが、想像以上の寒さで脈がおかしくなった
でも肉つきが良いオバちゃん達は余裕があった。
保温効果バツグンだな・・
温まるまで出られなかった

朝食も種類豊富なバイキング

チェックアウト後は「鬼怒川プラザホテル」の離れasayameshi.jpg

貸切個室風呂の「あけび」を予約していたのでホテルへ向かいました

離れの「あけび」までは距離があるので、鬼怒川プラザホテルから送迎してくれるかと思いきや
「宿泊客以外は送迎していません」と言われてしまった・・ガーン・・

結局タクシー向かったので2000円位かかってしまった・・

「あけび」の入口
akebiiiiiiii.jpg

とても良い雰囲気です

雨が振っていたので「番傘」を用意してくれました
akebiiiiii.jpg

温泉
akebiiii.jpg

おや・・?
HPで観た感じと何か違う・・
狭いぞ・・

まぁ・・いいか

鬼怒川温泉では珍しい源泉かけ流しの温泉はトロッとした滑らかな感じで、
お肌がスベスベになるのが分かった

眼下には鬼怒川温泉が見えて景色はとても良いけど、
橋を歩いている人から丸見えなのでちょっと気になった
でも見えないようにすると開放感が無くなるしねぇ
女性が露天風呂で開放感を求めるのは難しいねぇぇ

シャワーはあるけど何故かお湯がチョロチョロしか出ないので体等は洗えなかった

お部屋はロッジ風でとても落ち着きます
akebiii.jpg

暖房&床暖房でポッカポカ
母と姉は居眠りしてました

タオル・ドライヤーはありますが、化粧水などのアメニティは無いので持参した方が良いかも
ポットがあったので持参したお茶が飲めました

何度も温泉に入れたので顔がピッカピカ
とても満足しました

ここは静かなカップル向きですね
そういや鬼怒川プラザホテルのロビーもカップルが多かったなぁ。

雰囲気の良い休憩室ではお茶やお菓子(あけび)のセルフサービスがありました
akebiiiiiii.jpg

このあけびがとても美味しく、気に入った姉は買って帰りました
akebi.jpg

お腹が空いたので駅前の「グリルあさや」でランチ
私と母はまた「ゆば丼」
ここのゆば丼はトロミがあり、優しい味で美味しかった
yubaudonnn.jpg

姉はゆば蕎麦
soba.jpg

ナチュラルな湯葉が美味しかった

帰りはスペーシア
supeshia.jpg

日光1号より静かで乗り心地も快適快適

夢のような時間は
新宿からの山手線帰宅ラッシュで現実に戻りました





最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。